コウ・イクリン さん

台湾 / 東川町立東川日本語学校 1年コース

Q. 北海道東川町のちょっとした自慢をお願いします。

景色がすごくいいですし、生活環境がとても充実しています。
東川町は寮の部屋や学校の教室、施設など、どこでも私はとても素晴らしいと思います。その中でも図書館(せんとぴゅあⅡ)は素晴らしいです。東京から友達が来た時も、案内したのは図書館でした。今私が住んでいる東川町の美しい図書館です!と紹介しました。家族や友人が来ても一緒に行きたい施設が東川町には多くあります。カフェもそうですが、自慢が多い町です。

Q. 北海道東川町に来て良かったことを教えてください。

① 人

東川町の日本語学校の先生たちは、とても親切です。日本語を習うだけではなく、例えば私が日本で就職したい!と伝えた時も、進学や就職の進路について一緒に考えてくれます。人でいうと、色々な国の友達もとても大切です。

② 景色とお店

東川町には、いろいろなお店やカフェが多くあります。例えば、Wednesday cafe&bake や北の住まい設計社は、本当に雰囲気がよく食事もとても美味しいです。雑貨屋さんもいっぱいあり、品質が良いものが多いです。欲しいものが全てそろっています。

③ 町のサポート

東川町の役場・町民、全ての方々の留学生に対してのサポートが手厚いです。 学費補助の充実。Hucカード(地域のポイントカード)に毎月補助があるのもとても嬉しいです。町の施設も、留学生の利用できる施設も充実しており、プールや体育館など全て無料で使用することができます。とても留学生には優しい町です。

④ お祭りなどイベントがたくさんあること

東川町のイベントが本当に楽しいです。春はくらし楽しくフェスティバル、夏はどんとこい祭り、冬は氷祭り。様々なお祭りやイベントが非常に多く、四季を通じてお祭りが開催されていて、とても楽しいです。 氷まつりでは、雪だるまづくりをしました!それぞれつくるのですが、色々な形になるので友達とそれは何!?と盛り上がりながら楽しくつくれました。 雪像を見るととても素敵ですが、つくるのはとても難しいなと思いました。

⑤ アクティビティ

夏にひがしかわ観光協会主催のシーカヤック体験をしました。忠別湖をこいで進むと、大雪山国立公園の旭岳も見えてとても気持ちが良かったです! 夏もあまり暑くなく過ごしやすい気候です。母国の台湾は、夏38度などになるので東川町は過ごしやすいです。四季を感じることができます。

Q. 他の国の友達はできましたか?。

女子はみんな女性専用の国際交流会館に住んでいるので仲良くなります。

Q. 東川町でのアクティビティを教えてください。

1月に1回くらいはアクティビティに参加しています。選択制なので、自分でやりたいことを選択することができます。陶芸は思っていたよりも面白く、つくってから完成まで1ヶ月程度かかるのですが、出来上がった時はなんとも言えない気持ちになり感動しました。東川町の陶芸体験は色を塗らず、3色の土を自分で考え混ぜて作っていきます。東川町でしかできない陶芸体験だと思います。

Q. 就職は決まっていますか?

札幌の就職説明会に参加し、面接をして決まりました。就職先は海外ブランドのショップです。1次審査で履歴書を提出し、2次審査で面接、最終面接はスカイプで東京の本社と東川町で面接を行いました。最終面接の前にずっと先生に面接の練習指導をしていただき、本当に大変でした。慣れない敬語を始め、面接会場への入り方から始まり座り方、想定される面接内容などを含めた模擬面接を、面接官として先生が一緒に練習をしてくれました。

Q. 働くにあたり、どのような企業を選びましたか?

正社員になれる道を選びました。就職先は、2つの内定をもらったのですが、その他の求人は契約社員が多かったです。日本語学校の先生と話をして海外ブランドのショップに決めました。条件(ボーナス・退職金)や環境が良かったからです。